箱根駅伝2018予選会 専修大学

箱根駅伝2018予選会 専修大学

14位 専修大学 10時間13分40秒

箱根駅伝予選会
Ord. 選手 順位 5キロ 10キロ 15キロ 記録 5000m 10000m
1 長谷川 柊(2) 36 15:03 30:23 45:20 1:00:23 29:04.54
2 宮尾 佳輔(4) 68 15:10 30:36 45:53 1:00:56 29:31.14
3 風岡 永吉(4) 79 15:10 30:36 45:54 1:00:59 29:40.00
4 川平 浩之(3) 80 15:10 30:36 45:53 1:00:59 29:44.86
5 小林 彬寛(2) 121 15:10 30:36 45:53 1:01:21 29:41.67
6 岩田 拓海(4) 138 15:23 30:48 46:11 1:01:29 29:17.27
7 櫻木健次朗(4) 152 15:23 30:48 46:11 1:01:42 29:51.43
8 矢澤 明徳(3) 155 15:23 30:47 46:13 1:01:43 14:48.46
9 佐藤 雄基(3) 183 15:23 30:48 46:20 1:02:03 29:56.74
10 伊藤 健太(4) 185 15:23 30:48 46:15 1:02:05 30:16.65
11 塚原 淳之(2) 283 15:24 30:50 47:01 1:03:51 30:19.16
12 水沼 群青(4) 287 15:24 31:06 47:09 1:03:56 30:38.80
DNS 浅見 眞之(4) 29:56.52
DNS 末永 晃大(4) 14:46.38

10位東京国際大学とのタイム差は3分06秒。
11位日大とは1分35秒。12位創価大学とは36秒
13位明治とは35秒
タイム差はほとんど無い状態です。
タイムの推移を見ると、大きく崩れた選手もいなく
予定のラップを刻んでいる感じです。
予選会のレベルが予想以上に高くなってしまったと言えます。
10時間10分が予選通過ラインとすると、
1時間1分平均で10人が走り切る必要があります。
9位通過の上武大学と比較すると、60分切るランナー
が2人いたことがトータルタイムを縮めています。
タイムを稼げる選手が出てくれば、予選通過の可能性は高くなります。

箱根駅伝2018予選会エントリー
選手 10000m 昨年 タイム
浅見 眞之(4) 29:56.52
伊藤 健太(4) 30:16.65
岩田 拓海(4) 29:17.27
風岡 永吉(4) 29:40.00
櫻木健次朗(4) 29:51.43
末永 晃大(4) ?:?:?
水沼 群青(4) 30:38.80
宮尾 佳輔(4) 29:31.14 185 1:03:04
川平 浩之(3) 29:44.86 158 1:02:40
佐藤 雄基(3) 29:56.74 195 1:03:12
矢澤 明徳(3) ?:?:? 164 1:02:44
小林 彬寛(2) 29:41.67
塚原 淳之(2) 30:19.16 228 1:03:45
長谷川 柊(2) 29:04.54

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。