箱根駅伝2018復路予想

箱根駅伝2018復路予想

ここ数年と比べると、復路は面白くなりそうです。

青山学院大学が逃げる展開で、早々と勝負あった印象が強いです。

箱根の復路は選手層の厚さが出やすく、
復路にエースクラスを残せる大学が有利になります。
復路9区・10区は距離が長く、上級生が活躍します。

往路については、
神奈川・東洋・駒澤・早稲田が、青山・東海より
先着する可能性が高いと思っています。
復路は、選手層の厚さを活かして、優勝候補の2校が追いかけます。
逃げる筆頭は、神奈川大学。
東洋・駒澤も8区までは、逃げれるのではと思っています。
9区・10区までもっれ、ミスの少なかった学校が優勝すると思います。

神奈川・東海・青山が有利だと思いますが、
大きなミスが出れば、東洋・駒澤が先着する可能性もあります。

順天堂・山梨学院にも期待したいのですが、
全日本を見ていると、シード権争いがぎりぎりと感じています。


青山学院の復路
6区山下りの小野田選手は、そのままエントリーされる可能性が高いです。
平地の走力も高いので、往路に回る可能性もあります。
7区田村・8区下田の2人の復路経験者も往路を走る可能性が高いです。
往路はしのぎ、復路勝負と原監督が考えれば、9区下田選手もありえます。
選手層は厚く、距離を踏めている選手が多いので、往路より力があるのが
青山学院大学です。東海大学の上級生との勝負になりそうです。

東海大学の復路
選手層の厚さは、青山学院大学を超える東海大学。
距離への対応が出来ている上級生が多いのも特徴です。
全日本でのルーキー塩澤選手の走りを見ると、
7区が良いのかなと感じます。
6区は館澤選手が走りたいと書いた記事を見ています。
湊谷選手、國行選手、川端選手で8~10区は
確実に走れます。
復路を上級生だ固めると、2区を走る選手がつなぎになります。
総合優勝狙いであれば、往路は2年生でつなぎ、復路の上級生で
追い上げる展開も予想されます。

神奈川大学の復路
1区山藤・2区鈴木健吾選手で、往路優勝を目指す神奈川大学。
翌日の復路は、逃げることができるでしょうか。
青山・東海に比べると、10番手以降の選手層に違いがあります。
主力メンバーが怪我無く、良いコンデイションで走れれば、
終盤までもつれる展開に持ち込めると思います。

東洋大学の復路
全日本で、相澤-渡邉-西山-山本で先頭を逃げた東洋大学。
4年生が復路をしっかり走れば、優勝争いに絡んできます。
昨年は、堀・竹下・野村・小早川の現4年生と3年生の小笹選手で
順位を上げています。出雲・全日本にはエントリーされていないので
状況が分かりません。
往路では、選手層の厚い、青山・東海より先着する可能性が高いです。
神奈川と同じように、逃げる展開になると予想しています。

駒澤大学の復路
片西・工藤を1区・2区に並べて、往路で上位を目指し、
復路は育成型の布陣でシード権を目指すと考えています。
全日本の走りを見ても、出遅れなければ、安定感のある走り。
復路もじわりじわりと順位を上げて、3位争いをすると予想しています。

中央学院の復路
往路6位前後の順位予想をしています。
復路では、安定した走りが出来れば、シード権争いからは
余裕を持って前を走れると思います。

早稲田大学の復路
優勝争いに絡むのは、正直少し厳しいと感じています。
山の登りで安井選手が快走すれば、東海・青山より上位で
ゴールする可能性があります。
復路は、東洋・駒澤・神奈川・早稲田が逃げる展開を予想しています。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。