箱根駅伝2019展望

箱根駅伝2019展望

往路は下級生主体のメンバーで東洋大学が制覇。
復路は、青山学院大学が地力の差を見せつけて圧勝でした。

原監督からは、5連覇・6連覇。
3冠を再び狙うとの声も聞こえています。

出雲・全日本と苦戦した、青山学院大学ですが、
箱根を勝ったことで、王者に帰り咲きました。

青山学院大学箱根駅伝2019
田村・下田のWエースは卒業しますが、
2区 森田、6区 小野田、7区 林
各選手が予想以上の走りを魅せてくれました。

現時点では、2019年の5連覇も充分に狙えます。



東洋大学箱根駅伝2019
下級生主体のチームで9人走ったメンバーが残ります。

箱根の戦い方を知っているチームです。
メンバーの厚みが出来てくれば、戦えます。
2018年以上に差が小さくなるでしょう。

早稲田大学箱根駅伝2019
前評判が高く無い中、しっかり走りきった早稲田大学。
2区を走った太田選手の成長が大きいです。

2019年度は、有力選手が加入します。
太田選手の弟や、佐久長聖から中谷選手、学法石川の半澤選手など、
1年目から活躍しそうな選手が入部します。